家電バーゲン
楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ


2007.10.28(日) 
東山トレイル・哲学の道 
浪速本例会:20Km///参加者:35名
集合場所まで= 生駒駅
西大
急行
近鉄・丹波橋
徒歩
京阪・丹波橋
急行・出町柳行き
伏見稲荷
徒歩
JR・稲荷
7:40 7:49〜7:54 8:26 8:30 8:33
昨日までは台風の影響か雨がしっかり降っていたが、今日は快晴だ。
7時過ぎに家をスタートした。

京阪伏見稲荷駅に着くと西田氏が待機していて集合場所を教えてくれる。
伏見稲荷の鳥居前には大勢の人が集まっている。総勢35名とのこと。

9:00

大上戸氏のリードでスタートする。

伏見稲荷

鳥居のトンネル
稲荷は何故「イナリ」か?また鳥居は何故「赤い」か?

*むかし、日本に大陸からの渡来人に機を織る人、鉄(鋳物)を作る人等により、さまざまな技術が持ち込まれた。
特に鉄器を作る人は農作業等に非常な威力を発揮する農具を造ってくれるのでので日本の人々に神様のごとく崇められた。
土地の人々はこの渡来人の住んでいるところで鋳(鉄)が出来ることから「イがナル」⇒「イナル」⇒「イナリ」⇒「オイナリサン」となり日々手を合わせて感謝した。
また、この渡来人は山すそで坑道を掘り鉄鉱石を集め火を焚き精錬した。
で、坑道の杭に精錬のための火を象徴する赤い色を塗って「オイナリサン」として祀るようになった。


鳥居の登り参道をトットコトットコと歩く。すごいスピードだ。
9:25
四つ辻、小休止。(稲荷山の標高は283m)
京都トレイルはここからか、ゆるやかな下り道。泉湧寺までには月輪陵はじめ天皇陵がたくさんある。

9:45

御寺泉湧寺。

御寺泉湧寺山門

天長年間に弘法大師がこの地に庵を結んだ事に由来する。
法輪寺と名付けられた後、一時仙遊寺と改称されたが、順徳天皇の御代(健保6年・1218)に当寺の開山と仰ぐ月輪大師が
時の宋の法式を取り入れてこの地に大伽藍を営み、寺地の一角より清水が涌き出た事により寺号を泉涌寺と改 めた。
この泉は今も枯れる事なく涌き続けている。

弘法大師が中国からの帰国後泉涌寺に於いて戒律の復興を計り当寺を律を基本に天台・真言・禅・浄土の四宗兼学の寺として、
大いに隆盛させた。
時の皇室からも深く帰依せられ、仁治3年(1242)に四条天皇が当寺に葬られてからは、歴代天皇の山稜がこの地に営まれるようになり、
爾来、皇室の御香華院(菩提所)として篤い信仰を集めている。当寺が「みてら」と呼称される所以である。


泉湧寺の陵墓から森氏が故郷のお墓の話をしてくれた。
彼の出身は鹿児島で自分の先祖の墓が100近くあり子供の頃にお墓の世話をするのが大変だったと。


10:35

泉湧寺から一旦国道1号線に出、清水山の山道に入る。

ここから山道

ここから山道

10:50

清水山(242.3m)三等三角点。

道から少し脇に入ったところにあった。

11:10

東山山頂広場。昼食休憩。

東山山頂広場
ずいぶん汗をかいたので服を脱ぎ干す。

どこかの政治結社、右翼団体が30名程で君が代の歌を歌ったりしている。

12:20

食後は将軍塚を横目に見ながら、旧都ホテルを過ぎると南禅寺。

南禅寺三門(ここはなぜか“三”門)

ここから疎水をくぐるとまた山道に入る。

疎水をくぐる

南禅寺奥の院

奥の院から厳しい山道、苦しい。
向こうから下ってくる女性二人に「死にそうだあ〜〜」と訴え哀れを乞う。
「どこから登ってきました?」「伏見稲荷からですねん」「そりゃあ、大変だあ」

厳しい山道が続く

13:35

大文字山三等三角点(465.4m)。

三角点

山頂

13:50

山頂での休憩もそこそこに10分ほど歩くと火床。

火床

大師堂

火床から下る

火床からは京都市街地が一望のすばらしい風景。

ここ大文字山は五山送り火として祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つである。
この送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られ、それゆえ送り火の代名詞のごとくいわれているが、
そのほかに金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、これらが、同夜相前後して点火され、これを大文字五山送り火とよんでいる。


下り道は昨日の雨でのツルツル・ヌルヌルのガレ道。
神経をとんがらせて恐る恐る歩く。何人かがこけていた。
14:20 霊鑑寺門跡、下山了。

14:45

平安神宮。

平安神宮

15:10

ゴール、京阪四条。
例によって10名での道端反省会。
西田氏が「会員を増やしたい、会長・副会長の会に対するポリシーを明確に・・・」とかいろいろ提言していた。

この会、他の会員が感心するとおり歩きが速い。
個人的にはもう少しゆとりを持って歩いて欲しいとは思う。

苦しい一日だったが、天候に恵まれ景色に恵まれすばらしいウオークデイでした。
本日のドアToドアの総歩行数:約43,000歩、総歩行距離:約24km。