FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

2009.10.25 
    六甲・摩耶山(698m)ウオーク
   浪速本例会:20km// 参加者:30名
集合場所まで
820円
生駒駅
快速
鶴橋駅
環状線
大阪駅 梅田駅
特急
西宮北口駅
普通
六甲駅
7:31 7:47〜7:51 8:08 8:20 8:32〜8:35 8:48
コース:六甲駅〜長峰堰堤〜杣谷川〜穂高湖〜摩耶山〜神戸高校〜上野道〜王子公園駅=20Km
生駒駅ホームで電車を待っていると豊岡氏の姿が目に付いた。
彼は久しぶりの「浪速・・・」参加だ。
この夏で念願の100名山を成し遂げたという。 8〜9年かかったと言っていた。

9:00

コースリーダー大上戸氏の説明を受けてウオーク開始。

六甲駅から線路沿いに西へ進み、篠原中町で川沿いに北へ進む。
昔、叔父が高級住宅街の篠原本町4丁目12番地に住んでいてマロは短期下宿していたことがある。
お隣は山口組の田岡さんのお家だった。 

9:30

スタートから30分ほどでいよいよ徳川道へ入る。

ハイキング道入り口

入り口の標識

杣谷川沿いをドンドン登る。 暑い、汗が出る。
スタートの六甲駅では寒いくらいだったのにこの急坂は暑い。

先を歩いていた豊岡氏が後戻りしてきた。
「?」と思ったら「今日は囲碁の行事があるのを忘れていた。今から帰る」と。 忙しいオッサンだ。

チョット一息

石段

10:55

苦しい思いで約2時間。ようやく穂高湖に到着。
途中、土地のハイカーと話したが、早い人は1時間で登るという。

11:08

穂高湖の標識から少し歩いてアゴニー坂に入る。
「アゴニーってどういう意味?」と尋ねるも即答なし。 
家に帰って調べたら「agony」で「死の苦しみ・激しい苦しみ」という意味らしい。 
意味どおり苦しかったあ〜〜。

ここからアゴニー坂に入る

アゴニーから六甲山牧場遠景

11:23

15分でアゴニーを登って下りた。
そこは摩耶山天上寺。

天上寺の歴史は、大化2年(西暦646年)の昔、
孝徳天皇の勅願を受けたインドの高僧法道仙人が開創されたことに始まるという。


摩耶山天上寺

摩耶山天上寺

11:30

12:15

摩耶山頂ロープウエイ駅の掬星台。 ここで昼食。

掬星台

12:15

午後は摩耶山三角点を見学して、天上寺の元山門をくぐり、上野道の石段を下る。
一歩一歩がドンドンと体にひびく。

天上寺への石段

天上寺の元山門

天上寺は既にアゴニー坂の横に立派なお堂が出来ているが、元々はここにお寺があったそうだ。
昭和51年末に不慮の大火によって七堂伽藍が全焼してしまって、昭和60年5月に今のお寺に変わったそうだ。

この上野道がそもそもの天上寺への参詣道だったのだ。
13:45 ゴール王子公園駅着、解散。

14:00

14:30

駅のそばの公園で反省会。

お疲れさんでした。 リーダーの大上戸さんありがとう。
本日のドアtoドアの歩数:約 29,000歩。